2016年4月5日火曜日

太陽光発電と環境

現在、再生可能エネルギーとして実用化されているのは、地熱発電、風車発電などがありますが、地熱発電は温泉源の枯渇問題、風車発電は風車が回転する際に発生する低周波問題など、環境に何らかの影響を与えることが指摘されております。

一方、太陽光発電は、文字通り無限の太陽エネルギー活用するものですから、化石燃料を消費しません。

このため、地球温暖化の原因と言われている二酸化炭素を一切排出しません。このため、地球に優しい発電システムと言えるでしょう。

例えば、10kWの太陽光発電システムを設置すると、年間約10,000kWhの発電量が期待できます。

これは、原油消費量に換算すると年間約2,270リットルで、これは、年間5.04t のCO2排出量を削減したことになります。

さらに、石油を燃焼させて発電する火力発電は、発電時にCO2(二酸化炭素)だけでなく、SOX(硫黄酸化物)、NOX(窒素酸化物)などの大気汚染物質を発生させません。

このように、太陽光発電は究極のエコ発電システムともいえるのです。

太陽光発電【太陽光マイスター】施工実績3,000件超!!

0 件のコメント:

コメントを投稿