2016年4月4日月曜日

育毛剤の効果を上げるため栄養素

体質と髪の毛の状態とは、非常に密接な関係にあります。このため、育毛剤の効果を最大限引き出すには食事にも気を付ける必要があります。

髪の毛の主成分は「ケラチン」というアミノ酸の一種です。ケラチンを含む食品には、にんにく、たまねぎ、ブロッコリー、赤唐辛子などあります。

ケラチンは体内で合成可能ですが、そのためには、元となるアミノ酸の一種「メチオニン」が必要です。

メチオニンを含む食品は、にんにく、グリーンピース、とうもろこし、ほうれん草、大豆、チーズ、ナッツ類などになります。他に、レバー、卵黄、鮭、芽キャベツなどに含まれる「ビタミンB6」も重要な栄養素です。

ビタミンB6は、アミノ酸を体内で合成する際に必要な他、皮膚の新陳代謝を促す効果があります。また、過酸化脂質の発生が抑制されるため、皮脂の分泌過多が気になる方には、特にお勧めです。

ミネラルの一種「亜鉛」も摂取しましょう。牛肉、小麦、チーズなどに含まれています。

特に多く含まれるのは牡蠣やレバーです。ただし、亜鉛の過剰摂取は、鉄分の吸収を妨げることが分かっていますので、摂りすぎには気を付けましょう。男性で1日8mg、女性は1日6mgまでが目安です。

しかし、どんなに気を付けていても、食事だけで栄養素をすべて摂取するのは難しいかもしれません。

そんな時は、育毛サプリメントを利用するのも手です。ただし、サプリメントはあくまでも補助食品です。一日3食をきちんと摂ったうえでのプラスアルファとして使用するにとどめるべきです。

「ダブルインパクト」は【IGF-1】理論による育毛サプリです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿