2016年3月24日木曜日

小型カメラの用途・目的

小型カメラの種類には、メガネ型、腕時計型、充電器型、ペン型、ライター型、火災報知器型など多種多様な機種が販売されています。
小型カメラの用途は、一般的なカメラとは違い、防犯のために監視カメラ、交通事故などトラブル発生時の双方の会話の録音、悪質なDVやストーカー被害などの証拠写真、あるいは、タクシーや乗用車などの交通事故発生の瞬間を証拠写真として残す、セクハラやパワハラ現場を証拠として記録する、浮気調査のため興信所や探偵社が使用する特殊なカメラです。
このような小型カメラは、別名、スパイカメラ、隠しカメラ、カモフラージュカメラとも呼ばれ、撮影していることを相手に隠して悟られないように撮影するのが目的です。
このため、プライバシーの侵害にも繋がる可能性があるため、撮影にあたっては、知識や経験がある人が行った方が、トラブル防止のためにも必要なことです。
個人が使う場合は、自分や家族を守る危機管理用として、防犯カメラや監視カメラとして使用し、盗撮行為などの法に触れるような使い方は決して行わない、安易な気持ちで使わないようにすることが大切です。

カモフラージュカメラタイプで防犯・ストーカー・浮気対策!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿